地方都市で不動産投資を始める方法

人口200万人を超える大都市の不動産価格はすでに上昇している一方で、地方都市では割安な物件を見つけることができます。
これから不動産投資を始める場合には、物件価格が割安な、人口20万人程度の地方都市に注目するのが良い方法です。
地方の地域経済の中核都市であれば、一棟売りのアパートを購入して満室経営を実現することができます。
しかも物件価格が割安なメリットを最大限に生かすことで、10パーセント以上の運用利回りも実現可能です。
地方都市で良い物件を選ぶためには、市役所の近くの市内中心部の不動産に注目するのが賢い方法です。
人口の集中している中心部であれば、築年数が古くてもすぐに入居者を確保することができます。
しかし中心部から5キロ程度離れた地域であっても、駐車場が完備した物件を購入することで、効率的な賃貸経営が行えます。
郊外の投資用物件を購入する場合には、駐車スペースの広い物件や、貸家タイプの物件を選ぶべきです。